令和3年3月2日 火 弁論準備期日(東京地裁)

午前2時半起床

メールの確認

本日の予定は、

 午前10時から、東京地裁で、民事訴訟事件の弁論準備期日

 被告代理人は、今回も、電話会議(コロナ感染が怖いので、東京に行きたくないとの理由)

 

(追記)13:28

  午前8時過ぎに「これから出かけます」という依頼者からの電話。

  私は、8時半に家を出て、裁判所へ。

  9時に裁判所到着。

  まず、地下1階の郵便局に寄って、郵便貯金通帳の更新手続。

  その後、ATMで、10万円払戻し(今朝各金融機関の預金残高の確認をしたら、3月1日に2つの銀行の口座から、中央区江東区の各固定資産税の自動引き落としがされていたことが分かり、そのまま放置しておいたら、10日までに引落予定のものが残高不足になってしまうので、その手当が必要)。

 9時15分頃、民事〇〇部の書記官室の前に。依頼者が見えていた。 

  定刻の10時に弁論準備手続の期日開始。

 被告代理人とは、電話会議。

今回は、被告側提出の準備書面の陳述。 

次回期日は、4月12日(月)の午前11時。

4月5日までに当方から反論の準備書面を提出予定。

 

期日終了後、弁護士会館の面談室で、依頼者との打合せ。

その後、地下鉄駅の構内のドトールで、一緒に昼食。

依頼者とお別れしてから、日比谷線で銀座へ。

銀行2行に寄って、8万円と1万円をそれぞれ入金。

バスで帰宅。

 

 

令和3年3月1日 月 今日から3月

午前4時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、

  午前10時過ぎに、生協の配達。

  来週配達してもらう注文品の記載をしておかなければならないので、玄関に置いてあった分厚いパンフレットを持ってきて、注文票への記載。

  パンフレットの脇に昨日の晩郵便受けから出してきた郵便の一部が残っていたので、注文票と一緒にリビングルームに持ってきて、その内容を確認したら、その中に信窓会の封筒。中身は、3月1日発行と印刷された「信窓往来」だった。

  今回は、東京支部の会報の編集と印刷も重なって、広報部長さん、さぞ大変な思いをされたことでしょう。

  ありがとうございました。

  

  

  

 

令和3年2月28日 日 管理組合の総会(豊海区民館)

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、

 午前8時50分頃、家を出て、豊海区民館へ。

 9時15分から管理会社による重要事項の説明

 9時半から、管理組合の総会

 コロナの関係で、会場に入れる人数は、収容可能人数の2分の1.    オンラインによる出席も可能。

 今回は、1時間で終わるようにしたいので、ご協力をとのお願いの文書が、エレベータの中の壁に掲示されている。

 午後は、事件関係の仕事と買物など。

 

(追記)16:47

 管理組合の総会は、前期役員と後期役員候補者以外の一般組合員の会場出席者は、3名(女性2,男性1)。

 前期の事業報告の中で、私が原告となって進行中の東京地裁行政訴訟事件は、現在どのようになっているのかという質問があったということだったので、簡単に、その説明をさせていただき、議事終了後、前期の理事長さんに、結審予定の次回口頭弁論期日が4月28日の午前11時20分と指定されている(法廷は5階南の522号)ので、お時間があったら、傍聴においでくださいと申し上げておいた。

 帰宅後、重い荷物(パソコンを入れて行ったので)を置いて、勝どき駅前に。

 郵便局のATMで、2万円払い戻しを受けてから、道路を挟んで向かいのビルの中にある〇〇銀行のATMで、〇〇信託銀行の口座に2万円入金(手数料なし)。

 〇〇信託銀行の口座からは、3月2日に木場ハイツの電気料金、3月10日にANAダイナースクラブの口座からの支払金の自動引落しがされる予定(この口座には、2月半ばに、出版社からの編集費の入金があるはずと考えていたのだが、担当者のご説明によると、コロナ感染防止のための在宅勤務の関係で、会計担当者が銀行への入金手続きをすることができず、入金は3月上旬になってしまうとのこと。)。資金不足になってしまうといけないので、入金したもの。

 銀行からの帰りに、勝どき交差点の「松家」で、焼肉定食(みそ汁は豚汁に変更)をいただいた。とてもおいしかった。

 

 

 

 

 

 

   

令和3年2月27日 土 本人尋問についての依頼者との打合せ

午前時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

朝食後、本日の依頼者との打合せの準備(配布資料の印刷など)

午前8時過ぎに、2日の弁論準備事件の依頼者から、電話。

昨日の夕方、被告代理人からFAXされてきた準備書面の写しとこの書面に対する反論などは、2日の期日終了後の打合せの席で検討してから、次々回期日前に準備書面を作成して提出することになるなどという説明を記載した送り状を送信したのだが、私が電話に出るや否や、被告側の主張内容は嘘ばかりなどという話を始めた。

 「すみませんけれど、これから別件の依頼者との打合せのため、出かけなければなりません。こちらの反論の仕方などについては、次回期日の後の打合せの席で、検討ということにさせていただきます。慌てて、次回期日までに反論しなければならないというわけではありません。」と申し上げて、電話を切らせていただいた。

 

 これから出かける準備をして、木場ハイツへ。

 依頼者が見えるのは、午後1時の予定。

令和3年2月25日 木 寒い朝、終日家で仕事

午前4時半起床

今朝は、寒い。

朝刊を読んでから、メールの確認。

本日の予定は、

  終日、家で事件関係の仕事(27日(土)の依頼者との打合せ用の検討資料の作成など)

 

(追記)10:02

 いろいろ溜っていた会計関係の資料の整理をしていたら、電話のベル。

 ソファーから立ち上がった途端に切れてしまった。

 2分程してから、また電話のベル。

 「お待たせしました。遠藤です。」と言って出たら、「〇〇商会の、以前コピー機の件で電話したものですが」という話。

 「間に合っています」と言って、電話を切らせてもらった。

 前に複合機の買い替えをした際、何度も連絡してきて、値下げ競争をした業者のよう。

 三回目の買い替えは考えておらず、今後は、カラーで、A3用紙を使用した大量の会報の印刷をしなければならないというようなこともないであろうから、仕事の関係とシニアサロンの案内書の作成など及び年賀状の印刷ていどであれば、ようやくうまくノートパソコンとのネット接続に成功したエプソンの小型プリンターで間に合うはずだし、現在コピーとFAX用に使用中の複合機の調子もよいので、数年はこのままでよさそう。

 弁護士開業後まもなく16年。あと4年経てば、弁護士会費が免除になるよう。

 元気でいられれば、その後も弁護士業務を続けたいと考えているが、大型の複合機の三回目の買い替えは、必要ない。〇〇商会さん、もうお電話しないでください。 

(追記)18:02

  午後5時半頃、電話のベル。

  「キャノンと京セラの一次販売店です。」との説明。

  「コピー機を買う予定はありません。」と言って、電話を切った。

   これから、連日のように、このような電話がかかってきそう。

 

   メールの確認をしたら、支部報の編集長から、業者からゲラが送られてきたので、最終校正をお願いしますという内容。返信後、直ちに印刷に取り掛かってもらえるのかと思ったら、そうではなく、印刷は、月曜日(3月1日)になってしまうのだそう。

 修正を要する部分を記載して、返信。

 

令和3年2月24日 水 民事訴訟問題等特別委員会の2月定例会

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

 

本日の予定は、

  午後3時から5時まで、弁護士会館で、民事訴訟問題等特別委員会

  最近は、リモート出席者が増えて、会議室に行く人はごく少数。

  私は、いつも会議室に行かせていただいている。

 

  そのほかの時間は、家で、事件関係の仕事(今週土曜日午後の木場ハイツでの依頼者との打合せ用の検討資料の作成など)

 

 (追記)18:40

   霞が関に出掛ける前、右團次さんご夫妻にお会いした。お元気そうで何より。

   委員会の会館出席者は、、委員長と事務局担当者以外は、高齢者2名<だけかと考えていたら、元委員長や副委員長なども見えて、盛り沢山の議題。

 判例研究は、検事から弁護士実務研修中という女性の方(リモート出席者)、 その後、IT化についての検討内容について、〇〇弁護士による解説。

 様々な議論がされているよう。

 委員会に出席して良かった。