令和3年9月19日 (日) 敬老のお祝品の配布

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

 

勝どき千歳会からのお祝品が正午頃届くはずなので、その時刻にメンバーの皆さんに、ラウンジまで受取りに来ていただくようお願いしておく必要があるので、その連絡の文書を作成して、午前6時頃、各戸の新聞受けに投函。

 

午前9時15分頃、千歳会の婦人部長さんから、これから千歳会のお祝品を届けに行くので、マンションの前に出ていて欲しいとの電話。

役員の男性が見えて、明太子11包みを受領。

正午までラウンジのテーブルの上に載せておいたのでは、冷凍が解けてしまうので、1件ずつ配布することに。

別のマンションのお宅以外の配布を済ませたところで、正午の町会からのお米券のお届けを待つことになった。

町会役員の〇〇さんが見えて、お祝の封筒50枚を持参してくださったが、フロントを経ずに町会役員のお店に申込書を持参された方が、更に2名いたことが分かり、元管理組合の町会担当だった□□さんが、フロントへの説明書の補充をしておきたいと言われて、その作業に。

私は、別のマンションにお住いの方への明太子のお届け。帰りにサイゼリヤで昼食。

帰宅後は、許可抗告理由書の起案など。

 

今日は、下の弟の誕生日だったが、お祝の電話をする時間がなかった。

 

令和3年9月18日 (土) 敬老の日のお祝いの配布準備

午前5c役は時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

 

夕べ投函された敬老のお祝品の申込みの件で、町会の役員さんにメール。

何とかお祝品の配布をしていただけるよう。

 

夕方までに、お祝品の引換証を作成して、該当者の郵便受けに投函。

品物の到着は、明日の正午頃の予定。

フロントの管理員さんに、明日の段取りについて、お願い。

 

 

 

令和3年9月14日 (火) 敬老の日のお祝い品の期限後の申込み

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

 

午前8時過ぎにフロントの管理員からの連絡。

敬老の日のお祝品の申込書が1通追加提出されたそう。

7日までに提出するようお願いし、既に8日に一覧表に整理して、町会の役員に届けていまったのだが。

急ぎ受取りに行って、帰宅後、町会役員にメールで、連絡。追加していただけることに。

 

先週の金曜日に期日のあった事件について、当日欠席した依頼者から、進行についての異論のメールと電話。

次回の期日前に打合せをすることに。

令和3年9月10日 (金) 遺産分割の調停は、審判手続に移行

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

 

午前8時15分に家を出て、東京家裁

午前10時から遺産分割事件の調停期日

依頼者は、体調不良とのことで、欠席。

11時過ぎに、調停は不成立となり、審判手続に移行。

次回の審判期日は、10月1日。