元年10月19日(土) 「これからお花の贈り物をお届けに」という不審な電話,特別送達郵便の晴海郵便局窓口での受領,木場ハイツへ(依頼者との打合せ)

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

 

本日木場ハイツに見える予定の依頼者宛に,豊洲駅から木場ハイツまでの経路を説明したメールを送信(前回は豊洲の前の駅で私が有楽町線に乗って,豊洲からは,ご一緒にバスに乗って,ご案内したので,今回1人で,道に迷う心配もあるかもと考えて)。

 

その後,昨晩受け取った東京家裁からの書面の受領書のFAX送信など。

 

本日のこれからの予定は,午前10時頃までは,事件関係の書面の起案。

11時頃,家を出て,まず,徒歩で,マリナーズホテルの隣の晴海郵便局まで行って,千葉地裁からの特別送達郵便の受領。

その後,晴海一丁目のバス停まで歩いて,バスに乗り,木場ハイツへ(お隣の奥様に,17日の歌舞伎のチケットをお渡しする予定)。

午後1時から5時頃まで,依頼者との打合せ。

帰宅は,6時半頃の見込み。

 

(追記)9:37

   10分程前に,花屋と名乗る女性から,これからお花の贈り物をお届けしたいのですが。」という電話。

 「送り主はどなたなのでしょうか。」と尋ねたら,「三菱UFJ銀行の○○様です。」という回答。

 「そういう方は全く存じませんし,この時期に他人からお花の贈り物をいただくような心当たりも全くありません。また,これから外出して不在になりますので,届いたお花を受け取ることもできません。」と説明した後,それまで,私のことのようだが,「貴台様」「貴台様」と言われていたので,「届け先の氏名の表示はどうなっているのですか」と尋ねたら,「すみません。電話番号を間違えていました。」と言って,電話が切られた。

 アポ電強盗目的の一味からの電話だったのかも知れない。

(追記)18:53

  午前11時に家を出て,バスを乗り継いで,木場ハイツに正午少し前に到着(重い荷物を両手にぶら下げていたので,晴海郵便局に寄るのは,帰りにすることにした)。

 枝川のバス停から木場ハイツに向かう途中,セブンイレブンで,弁当を2つ購入。深川飯は,木場ハイツに着いてから,電子レンジで温めて,私がいただき,助六寿司は,依頼者用として,テーブルの上に(お昼を食べて来る時間はないはず)。

 1時半頃,重い荷物を両手にぶら下げて,依頼者が到着。

 ご両親から預かってこられたという大きなブドウの箱が入った紙袋も(お父様は,私の亡夫のお客様だった方)。

 4時半頃まで,お持ちいただいた資料を拝見させていただきながらの打合せ。助六寿司は,3時頃,おいしそうに召し上がられた(やはりお昼を食べる暇がなかったそう。)。

 こ両親からのお土産は,持ちきれないので,ひとまず,冷蔵庫に(近日中にまた来て,勝どきの自宅に持ち帰る予定)

 依頼者をエレベータの前までお見送りした後,お隣に伺って,奥様に11月17日の新橋演舞場昼の部のチケットをお渡しした。とても喜んでくださった。

 帰りのパスは,枝川の停留所から,晴海埠頭行きに乗って,マリナーズホテル前で下車。停留所の前が晴海郵便局。千葉地裁からの特別送達郵便を受け取った。

 その後は,反対側の停留所で東京駅丸の内南口行きのバスに乗って,勝どき橋南詰で下車。

 その後,勝どき駅前からいつものバスに乗って,帰宅。

 

  

 

 

元年10月18日(金) 複合機の点検作業, その後,木更津市役所朝日庁舎へ

午前4時15分起床

朝刊を読んでから,メールの確認。

 

木更津市役所への戸籍の証明書の請求のしかたについて検討した結果,郵送では速達にしても届くのは,23日になってしまい,予定している裁判所への申立て手続きが遅れてしまうことから,本日直接木更津市役所朝日庁舎に出向いて,請求する予定に(裁判所への申立手続きは,21日にできることになる。)。

午前10時に複合機の点検の方が見えるので,その作業が済み次第家を出て,零時半に東京駅八重洲口を出発する高速バスに乗って,木更津駅西口下車,その後小湊鉄道のバスに乗り換えて,市役所に到着するのは,2時11分の予定。

 

(追記)翌朝記載

 複合機の点検を21日の午前10時からに変更していただいて,10時半頃,家を出て,東京駅八重洲口へ。

 駅のすぐ前の高速バスの乗り場は,すべてJRバスの乗り場であることが分かり,その近くに表示されている案内板には,京成バスの乗り場についての表示はなし。

 ひとまず,地下街に下りて,昼食をとってから,京成バスの乗り場探しをすることに。

 黒塀横丁の中の和食のお店に入って,美味しいさばの塩焼きランチ(990円)をいただいた。

 その後,地下街の八重洲通り方面の出口の近くに掲示されていた案内板に木更津方面への高速バスの乗り場が表示されているのを見つけて,その場所へ。

 時刻は11時50分だったが,木更津行きのバスの発車時刻は12時30分。停留所には,腰掛の設備はなく,立ちんぼのまま,行列に並んで,バスの到着を待つほか無い高齢者や病弱な人などに対する配慮が全く無いバス乗場。

 12時20分頃木更津行きのバスが到着。

 アクアラインを通って,木更津駅西口の停留所に到着したのは午後1時半過ぎ(料金1400円)。

 降りた所に,木更津市役所駅前庁舎というような表示が出ていたので,ここで戸籍の証明書の交付請求が可能と喜んで,その建物の中の案内板を確認してみたところ,その事務を扱っている場所はないよう。

 そこで,木更津市役所朝日庁舎までの小湊鉄道のバス乗場を探してみたが,そこをとおるのではないかと思われた市内循環のバスの次の到着時刻は,1時間以上後のよう。

 しかたがないので,タクシーに乗って,「市役所の朝日庁舎へ」と行き先を告げたら,停車した場所は,イオンモールの敷地の中(タクシー料金740円)。

 イオンのお店の2階に,市役所があった。

 ここで戸籍の証明書の交付請求の手続き。

 10分程待って,該当する証明書2通の交付が受けられた。

 イオンのお店の南口から外に出て,バス乗場と表示されていた所に行ったら,イオンのお客さん用の無料バスと分かった。

 そこに停まっていたバスの運転手さんから,「あと25分待ってください。東京行きの高速バスは,木更津駅西口から出ます。このバスに乗れば,高速バスに乗れますよ。」と言われ,このバスに乗せていただくことに。

 バスが出発して,最初の停留所は,「木更津駅東口」。

 その次の停留所が「木更津駅西口」なのかと考えていたら,次に停まったのは,「木更津高校前」。

 25分程歩いて,木更津駅東口に到着。

 駅の階段を昇って,改札前の通路の反対側から階段を降りて,駅の西口へ。

 東京駅八重洲口への高速バスの停留所は,1番乗場,次のバスの発射時刻は,4時15分と分かり,15分待って,そのバスに乗車(料金1400円)。

   アクアラインを通過するまでは順調だったが,その後渋滞があって,東京駅八重洲口には,15分程遅れて到着。

 駅の中の丸の内方面への通路を通って,丸の内南口へ。

 駅の改札のATMで,予約が成立していた気仙沼の弟夫妻用の11月16日,17日の新幹線の往復指定券と乗車券を受領。

 

 帰宅したら,千葉家裁からの特別送達郵便(和解調書正本)の不在配達連絡票,東京家裁からの普通郵便などが郵便受けに届いていた。

 

 

 

 

元年10月17日(木) 下妻支部へ

午前6時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

 

本日の予定は,水戸地裁下妻支部への出廷(午後3時から弁論準備)と帰京途中の場所での依頼者との打合せ。帰宅できるのは8時頃の見込み。

 午前11時前に家を出て,

  バスで東京駅まで,

 

  東京から秋葉原へ,

  秋葉原からつくばエクスプレスで,守谷へ。

  守谷から,常総線に乗り換えて,下妻へ。

  下妻からは,タクシーで,裁判所へ。

  帰りは,打合せの後,小山まで送っていただいて,上野東京ラインで帰京の予定。

 

 

  

(追記)10:11

    只今,えきねっとから,メールが届き,11月17日(日)の帰りのはやぶさの指定席(トクダネ25)の予約も第一希望で,できたとの連絡。

  東京発17時56分

 

(追記)翌朝記載

 下妻支部では定刻に審理開始

 午後3時半頃,待っていてくださった方の車に乗せていただいて,裁判所出発。

 両毛線が不通のため,依頼者は車で来られるとのことで,待ち合わせ場所という道の駅に4時頃到着。ところが,その後,依頼者が別の方向に行ってしまったことが判明して,小山駅前での待ち合わせに。駅構内のお店で,打合せ。

 打合せ終了後,上野東京ライン熱海行きに乗って,東京駅下車。バスで8時ちょっと過ぎに帰宅。

 郵便物の中に,君津市役所からの封筒。請求していた戸籍関係の証明書が届いたと喜んで開封したら,請求された証明書は,木更津市役所に請求してくださいという案内。

 

 

元年10月16日(水) 千葉地裁へ(和解成立の予定)

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

 

本日の予定は,

  午前11時から,千葉地裁で,交通事故(物損)の債務不存在確認訴訟(当方原告)の弁論準備期日(和解成立予定)。

 午前8時15分に家を出て,バスで東京駅へ。

 東京駅から,総武線の快速で,千葉へ。

 千葉から,千葉モノレールで,終点の「市役所前」へ。

 裁判所は,モノレールの出口から,徒歩7分くらい。

 依頼者が到着したら,担当部の書記官室の窓口へ。

 期日終了後は,裁判所の近くで,依頼者との打合せをした後,往きと逆の順序で,各乗物に乗って,帰宅の予定。

 帰宅後は,損保会社への報告書の作成と送信(FAX)。

 別件の書面の作成など。

 

 明日は,下妻支部(弁論準備期日)。

元年10月15日(火) 年金の振込み,マイホームはるみの昼食会,書面の起案など

午前5時半起床

朝刊はお休み,メールの確認

今日は,年金の振込日,入金の確認。

 

本日の予定は,

  正午から零時半頃まで,マイホームはるみの昼食会

  そのほかの時間は,家で,仕事(書面の起案など)

元年10月14日(月) 19号台風の被害,生協の配達,各種書面の起案

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

19号台風による被害状況のすさまじさには,ただ驚くばかり。

来年の秋にも同じような台風の襲来があるかもしれない。それに備えて,護岸工事の方法で,全国の河川からの水の流出ということを防げるようにするというのは,費用の点だけでなく,時間的に到底無理なことである。

ということになると,河川流域への水の流出は,避けられないものと考えて,対策を考えるほかないということになる。

 

 本日の予定は,

   午前中に生協の配達

   そのほかの時間は,終日,各種書面の起案。 

 (追記)9:50

      八ツ場ダムが,利根川下流の水位上昇を食い止めたとのニュース

 

八ッ場ダムが水害防止? 話題 | 2019/10/14(月) 8:10 - Yahoo!ニュース