令和3年3月7日 日 家の中の片付け

午前5時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、

  進行中の事件の検討のほか、家の中の片付け

 

(追記)9:49

  高校の同期の方からお電話。

  数年来の紛争案件について、相手方に弁護士がついて、数万円の支払いと物件の撤去を求める文書が送られて来たので、私に依頼して、相手の請求に応じる必要はないということにして欲しいというお話のよう。

  いずれ裁判所への手続きということになるでしょうから、和解による解決をお願いしてみてはいかがでしょうか。私に頼んだら、弁護士費用の方が多くなってしまいます(管轄裁判所は他県)などと説明して、電話を切らせていただいた。

令和3年3月6日 土 家の中の片付け

午前3時起床

4時頃、朝刊を読んでから、メールの確認

5時頃、もうひと眠りしてから、6時に起床。

本日の予定は、

  午後1時から予定していた、木場ハイツでの、依頼者との打合せが無くなった(原告死亡により、12日の口頭弁論(当事者各本人尋問)期日が取り消され、次回期日は、追って指定に)ので、家の中の片付けをすることに。

 

 

令和3年3月5日 金 午前10時から中央区の健康教室、東京支部報の発送がまだと判明

午前5時半起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、

  午前10時から正午まで、アートはるみギャラリー(月島第三小学校内複合施設)で、中央区福祉保健部高齢者福祉課主催の

  「心と体のリフレッシュエクササイズ講座」の受講 

       午後は、事件関係の仕事

 

(追記(20:39

 依頼者との打合せのため、午後5時前に家を出たが、その前に、東京支部報がまだ届かないので、どうなっているのか、幹事長と編集長にメールで照会。

 打合せを済ませて、帰宅し、パソコンを開いたら、幹事長からの返信が届いていた。

印刷を依頼した業者が今日郵便局に持ち込んだが、土、日の発送はしないので、月曜日に持ち込んで欲しいと言われ、郵便局への差出しが8日の月曜日になってしまうそう。

 最終のゲラ校正は23日に済んでいたのだから、その後の作業は、印刷も含めて、すべて私の方でやってしまえばよかったと反省。支部報は、総会の案内と議案の通知なので、総会の開催日の1か月前に届くよう送る必要がある。

 

 

 

令和3年3月4日 木 川越支部で民事訴訟事件の弁論準備期日

午前4時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、午前11時から、さいたま地裁川越支部で、民事訴訟事件の弁論準備期日。

 午前7時50分に家を出て、バスで勝どき駅前へ、都営大江戸線で、勝どきから、月島へ、有楽町線(東武東上線に乗入れ)で、月島から川越(各駅)へ、バスで、川越駅前から裁判所前へという順路で、出掛ける予定。

 

(追記)16:07

  期日終了後、川越駅の隣のビルの中のレストランで依頼者と昼食及び多少の打合せ。

  3時少し前に帰宅。

  間もなく、東京地裁から電話。

  12日に各本人尋問の予定だったのだが、昨日、原告がお亡くなりになったとのことで、期日は取消しになり、次回期日は追って指定という連絡。

  急ぎ、依頼者にメールで連絡。

  

  

   

 

令和3年3月3日 水 桃の節句、自宅で事件関係の仕事, 午後2時から3時半まで、中央区社会福祉協議会で、いきいきサロン代表者会議

午前4時半、起床

朝刊を読んでから、メールの確認

民事訴訟事件の依頼者から、お願いしていた事項についての連絡のメールが届いていたので、返信。

本日の予定は、

 午前中は、自宅で、事件関係の仕事

 午後は、2時から3時半まで、中央区社会福祉協議会で、いきいきサロン代表者会議

 今日は、桃の節句。いろいろ忙しく、リビングルームの中の片付けもできないままだったので、お雛様を飾ることができなかった(ご免なさい、お雛様)。

(追記)16:36

 いきいきサロン代表者会議の閉会後、築地からバスに乗ったら、シニアサロンのメンバーの方が乗っていて、「2か月聖路加に入院していたの」と言われ、びっくり。

もう大丈夫らしく、高島屋のお弁当の袋を持っておられた。

勝どき駅前からは、シニアサロンの別のメンバーの方が乗ってこられ、

一緒にマンションへ。

 

 

 

 

令和3年3月2日 火 弁論準備期日(東京地裁)

午前2時半起床

メールの確認

本日の予定は、

 午前10時から、東京地裁で、民事訴訟事件の弁論準備期日

 被告代理人は、今回も、電話会議(コロナ感染が怖いので、東京に行きたくないとの理由)

 

(追記)13:28

  午前8時過ぎに「これから出かけます」という依頼者からの電話。

  私は、8時半に家を出て、裁判所へ。

  9時に裁判所到着。

  まず、地下1階の郵便局に寄って、郵便貯金通帳の更新手続。

  その後、ATMで、10万円払戻し(今朝各金融機関の預金残高の確認をしたら、3月1日に2つの銀行の口座から、中央区江東区の各固定資産税の自動引き落としがされていたことが分かり、そのまま放置しておいたら、10日までに引落予定のものが残高不足になってしまうので、その手当が必要)。

 9時15分頃、民事〇〇部の書記官室の前に。依頼者が見えていた。 

  定刻の10時に弁論準備手続の期日開始。

 被告代理人とは、電話会議。

今回は、被告側提出の準備書面の陳述。 

次回期日は、4月12日(月)の午前11時。

4月5日までに当方から反論の準備書面を提出予定。

 

期日終了後、弁護士会館の面談室で、依頼者との打合せ。

その後、地下鉄駅の構内のドトールで、一緒に昼食。

依頼者とお別れしてから、日比谷線で銀座へ。

銀行2行に寄って、8万円と1万円をそれぞれ入金。

バスで帰宅。

 

 

令和3年3月1日 月 今日から3月

午前4時起床

朝刊を読んでから、メールの確認

本日の予定は、

  午前10時過ぎに、生協の配達。

  来週配達してもらう注文品の記載をしておかなければならないので、玄関に置いてあった分厚いパンフレットを持ってきて、注文票への記載。

  パンフレットの脇に昨日の晩郵便受けから出してきた郵便の一部が残っていたので、注文票と一緒にリビングルームに持ってきて、その内容を確認したら、その中に信窓会の封筒。中身は、3月1日発行と印刷された「信窓往来」だった。

  今回は、東京支部の会報の編集と印刷も重なって、広報部長さん、さぞ大変な思いをされたことでしょう。

  ありがとうございました。