令和2年5月24日(日) 事件関係の書面の起案など,新茶の贈り物,蓮様ご逝去

午前5時起床

朝刊を読んでから,メールの確認

事件関係の書面の起案の続き

作業は,午前中に済みそう。

午後,依頼者に送信の予定。

  午前10時半過ぎに,信窓会の本部役員の方から,昨日幹事長から送信されて来た議案書の内容についての質問の電話。私も,どのような経過でそうなったのかということについての説明は全く受けていないので,分からないと回答。

 

(追記)18:36

 正午過ぎに宅急便の配達。

狭山ヶ丘の義弟から,山本山の箱に入った宇治茶狭山茶の各新茶の贈り物。

コロナ大丈夫かしらと心配していたので,元気なようだと分かって良かった。

後で,お礼の電話を掛ける予定。

 

昼食は,勝どきビュータワーの「なか卯」で,うな重と野菜サラダをいただいた(950円)。

帰宅して,郵便受けを開けたら,中央区からの10万円の給付金の支払通知書が届いていた。

そして,山一證券管理会計課でお世話になった元同社取締役の蓮隆詔(ハス タカツグ)様が4月21日に亡くなられたという奥様からの悲しいお知らせも。

学生時代一橋大学の男性コーラス「コールメルクール」に所属されていたそうで,山一證券ご退職後,同合唱団のOB会「マーキュリーグリークラブ」の会長として,大活躍され,私も数年の間,毎年,初台の大ホールでの定期演奏会に伺わせていただいていた(指揮者の永井先生は,山一證券コーラス部の指導をして下さっていました。)。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。

マーキュリーグリークラブ - 山あり谷あり平野あり

 

(追記)22:30

     午後7時頃,狭山ヶ丘の義弟に電話。

  元気とのこと。

  新茶の贈り物は,気仙沼旅行のお礼だそう。

  「コロナが落ち着いたら,また気仙沼にと考えているので,よろしく」

  と言ったら,喜んでおられた。